7つの試験を比較!中国語の資格とそれぞれの特徴とは

「中国語の資格を取得したいけど、どの試験を受けたらいいのかわからない」という悩みを、解決する記事になっています。

中国語の資格の取得を目指す目的には、「留学したいから」、「ビジネスで使いたいから」、「転職のアピールになるから」など、様々なものがあるでしょう。その背景には、中国語を使える人材の需要が増していることもあるはずです。

資格試験は、自分の実力の把握や能力のアピールに有用です。ただし、中国語の資格試験には数多くの種類があります。

そこで本記事では、代表的な中国語の資格の特徴と受験をおすすめする人について紹介します。

Instagramでも情報発信中です♪

目次

代表的な中国語の資格

ここで紹介する代表的な中国語の資格は、次の7つです。

  1. HSK
  2. 中国語検定
  3. TECC
  4. C.TEST
  5. BCT
  6. 通訳案内士
  7. TOCFL

それぞれの特徴を一言でまとめると、次のようになります。

資格試験名特徴
HSK中国政府公認で、世界中で実施されている中国語能力試験。
中国語検定日本国内で中国語能力を試すのに、最も知名度が高い。
TECC日常的な、中国語でのコミュニケーション能力が試される。
C.TESTビジネスにおける、中国語会話能力を測定する。
BCTビジネスにおける「聞く」「話す」に特化した試験。
通訳案内士プロとして、中国語で観光客を案内するための国家資格。
TOCFL台湾の繁体字に特化した能力試験。

それでは、具体的な紹介をしていきます。

HSKとは

HSKとは、中国政府が公認している、中国語の運用能力を測定する試験です。

詳しい概要を、下記で解説していきます。

HSKの特徴

HSKは、中国政府教育部の直轄機関が主催しています。

世界118ヶ国でテストが実施されていて、中国語を世界標準で証明するのに、最も適している試験と言えるでしょう。

そのため、中国へ留学するための要件としてHSKの取得が求められていたり、グローバル企業での中国語に関わる業務の遂行能力のアピールになったりします。

HSKの試験内容

HSKの試験は、リスニングとリーディング、ライティングの3項目から構成されています。

レベルは1〜6級に分けられていて、数字が大きくなるにつれて難易度が高く、日常表現レベルからビジネス会話まで幅広い中国語能力が試されるでしょう。

詳細は、下記の表をご覧ください。

(引用元:HSKホームページ

試験問題は、全て中国語です。

HSKの料金

HSKのレベルごとの料金について、2020年9月に実施される試験を元に表にまとめたので、ご確認ください。

料金
1級3,740円
2級4,950円
3級6,160円
4級7,370円
5級8,580円
6級9,790円

(参照元:HSKホームページ

HSKを取得するメリット

HSKを取得するメリットは、次の3つでしょう。

  1. レベルが詳細に分かれていて、学習ペースが掴みやすい
  2. 中国の高校や大学への留学要件を満たせる
  3. グローバル企業で中国語能力を証明できる

中国の大学では、HSKの取得を求めているところが多くあります。

またHSKは、世界的に認められている中国語能力試験なので、グローバル企業で中国語を活かして活躍したい方には、力強い証明になるでしょう。

HSKの受験をおすすめする人

HSKの受験は、中国語を勉強している全ての人におすすめですが、特に中国語を使って留学したい人や仕事で中国語能力をアピールしたい人におすすめです。

中国の清華大学や北京大学などの多くの有名大学は、HSK5級以上の取得を留学の要件にしています。

また中国で、就労ビザを取得するのにも、HSKの取得が必要です。

HSKは、進学や仕事、生活に直結する試験と言えるでしょう。

中国語検定とは

中国語検定は、日本で最も有名な中国語能力試験です。

詳しい特徴を、見ていきましょう。

中国語検定の特徴

中国語検定は、日本の一般財団法人である日本中国語検定協会が主催しています。

日本語を、母国語とする人向けの試験です。

そのため、中国語を訳す能力が問われている試験になります。

日本では、数ある中国語検定試験の中で最も知名度が高いため、日本企業での中国語能力のアピールに適しているでしょう。

中国語検定の試験内容

中国語検定の試験内容は、リスニングと筆記(読解が中心)です。

レベルは、4級から1級ですが、4級と1級には準級が用意されています。

中国語検定は、日本語を母国語とする人のための中国語能力試験であるため、「訳す」力が試されています。

つまり、日本語から中国語にしたり、中国語を日本語にしたりする能力です。

中国語検定の料金

中国語検定のレベルごとの料金は、次のようになっています。

(引用元:一般社団法人日本中国語検定協会

HSKと似たような、料金体系になっていますね。

中国語検定を取得するメリット

中国語検定を取得するメリットは、日本企業での中国語能力のアピールになることでしょう。

日本国内に限れば、HSKよりも知名度があるため、中国語能力をわかりやすく伝えられます。

また中国語検定は、中国語の翻訳能力が求められる試験であるため、対策や試験を通じて翻訳力が養われるはずです。

中国語検定の受験をおすすめする人

中国語検定の受験をおすすめするのは、次のような方々です。

  1. 中国語能力を試したい方
  2. 翻訳家を目指している方
  3. 中国語能力を国内企業や教育機関へアピールしたい方

中国語検定は、運営団体が日本にあるため、HSKよりもなじみやすい試験でしょう。

そのため、どの試験を受験するか決めていない方は、まずは中国語検定を受けてみてはいかがでしょうか。

また将来的に、中国語資料の翻訳家を目指している方にもおすすめです。

TECCとは

TECCとは、「Test of Communicative Chinese」の略で、中国語のコミュニケーション能力を測定するための試験です。

具体的な試験の特徴は、HSKや中国語検定と異なります。

TECCの特徴

TECCは、中国語コミュニケーション協会によって主催されています。

中国語でのコミュニケーションに特化した試験で、日常生活やビジネスでよく使われる表現や能力を問われるでしょう。

社員の中国語能力を測定するために、企業内で試験を導入していることが多いようです。

TECCの試験内容

0〜1000点までのスコア式で、レベル分けはありません。

獲得スコアによって、自分の能力を知ることができます。

試験は毎年2回です。

試験はリスニングとリーディングで、それぞれ4部構成、合計8部構成になっています

詳しくは、次の図のようになっています。

(引用元:TECCホームページ

TECCの料金

TECCの料金は、6,480円です。

約2ヶ月間の申し込み期間が設定されています。

会場は、東京や大阪などの主要9都市となっています。

基本的にインターネット申し込みになっているので、確認してみてください。

TECCを取得するメリット

TECCは、スコアによって自分の中国語能力がわかるので、正確な実力を知れるでしょう。

また、中国語のコミュニケーション能力を特に学習したいなら、試験対策で磨きがかかるはずです。

企業内の能力測定にもよく活用されているために、高いスコアを取得できれば、業務の幅が広がったり、昇進にもつながったりするかもしれません。

TECCの受験をおすすめする人

TECCの受験をおすすめするのは、中国語を活かした仕事を探している学生や、会社で中国語能力をアピールしたい社会人です。

社内でTECCを導入している企業もたくさんあるため、仕事の幅を広げたい方は積極的に活用してみてください。

C.TESTとは

C.TESTは、留学以外の目的で実践的な中国語能力を測定したい人向けに開発された試験です。

C.TESTの特徴や試験内容、料金などを確認してみましょう。

C.TESTの特徴

C.TESTは、北京言語大学の漢語試験研究所が主催しています。

比較的新しく開発された試験で、2006年から試験が始まりました。

中国語を母国語としない人のための試験で、中国で実践的な中国語運用ができるかを問われる国際標準の試験となっています。

HSKが留学を前提とした試験である一方で、C.TESTは実用的な運用を測定するため、HSKがTOEFLなら、C.TESTはTOEICといったところでしょう。

C.TESTの試験内容

C.TESTの試験は、毎年1回実施されます。

試験は「A-Dレベル試験」と「Gレベル試験」の2種類です。

また、会話試験も準備されています。

A-Dレベル試験

A-Dレベル試験は、中・上級者向けで1,000点満点の試験です。

試験内容は、リスニングとリーディングで作文問題も含まれています

(引用元:C.TESTホームページ

Gレベル試験

Gレベル試験は、学習時間が150〜300時間ほどの初心者が対象です。

100点満点で、60点が合格点になっています。

C.TEST会話試験

会話試験は、10〜15分程度でネット回線でつながった試験官と会話します。

レベルはA〜Fで測定されます。

受験者の会話レベルに応じた、試験問題が出題されるでしょう。

C.TESTの料金

C.TESTの料金は、A-Dレベル試験が4,500円、Gレベル試験が3,500円となっています。

会話試験も3,500円です。

C.TESTを取得するメリット

HSKとは違って、留学要件として求められていないので、気軽に自分の中国語能力を試せるでしょう。

というのも、試験の主催者である北京言語大学の漢語試験研究所はHSKの開発にも携わっていたため、HSKの受験のい力試しになるはずです。

また会話試験も、ネット回線から受けられるので、会話力の力試しに打ってつけです。

C.TESTの受験をおすすめする人

C.TESTの受験をおすすめするのは、実践的な中国語能力を試したい方です。

留学目的以外の実践的な中国語能力を試す試験なので、試験内容も、より実践的になっているでしょう。

会話試験も、現地の面接官によって行われています。

BCTとは

BCTとは「Business Chinese Test」のことで、全世界で行われている国際レベルの標準試験です。

では、詳しくみていきましょう。

BCTの特徴

BCTはその名の通り、職場でのリアルなビジネスシーンを想定した実用性の高い試験で、受験者のビジネス中国語応用能力を測定します。

英語でいえば、TOEICのような位置づけでしょう。

主催は中国語教育部の国家漢語国際普及指導グループです。

BCTの試験内容

BCTには、BCT-A(初級レベル)とBCT-B(中・上級レベル)の2つのレベルがあります。

BCT-Aは、ヒアリングと読解、漢字を書くの3技能から成り立っています。

試験時間は、60分です。

BCT-Bは、ヒアリングと読解、作文で145分間に渡る試験になっています。

BCTの料金

料金は、BCT-Aが5,000円、BCT-Bが8,500円になっいて、他の試験と比べて割高と言えるでしょう。

BCTを取得するメリット

レベル分けが細かすぎないため、自分の実力を点数から正確に把握することができるでしょう。

特に初級者は、試験が専用に準備されているため、力試しに利用できるはずです。

またビジネスに特化した試験内容なので、ビジネス中国語を測定するにも最適です。

BCTの受験をおすすめする人

中国語に関心があって、勉強を始めたばかりの人にはBCT-Aがおすすめです。

また実際にビジネスで利用したい方やすでに利用されている方には、ビジネスでの実用的な中国語能力を試せるでしょう。

通訳案内士とは

通訳案内士は、日本への外国観光客向けの通訳ガイドをするための国家資格です。

試験対象となる言語は、英語や中国語はもちろん、フランス語やドイツ語、ロシア語など多種に渡ります。

他の中国語能力試験に比べて、かなり特殊な試験になっていますよ。

通訳案内士の特徴

通訳案内士試験は、日本政府観光局が運営しています。

試験の目的は、通訳案内士を選出することなので、中国語能力の証明として活用できるその他の中国語能力試験とは、試験の性質が異なるでしょう。

全国通訳案内士は、通訳案内士法において「報酬を得て、通訳案内(外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する案内をすることをいう。)を業とする。」とされています。

(引用元:日本政府観光局ホームページ

通訳案内士の試験内容

通訳案内士試験は、筆記試験である一次試験と、面接試験の二次試験に分かれています。

一次試験(筆記試験)

一次試験は、次のような科目で構成されています。

  1. 中国語試験
  2. 日本地理
  3. 日本史
  4. 一般常識(日本の産業、政治経済、文化など)
  5. 通訳案内士の実務

中国語試験は、マーク式と記述式が合わさっています。

またそれぞれの科目に合否があり、合格基準は7割程度となっています。

中国語試験はHSK6級180点以上、中国語検定準1級を保有していたら免除になります。

二次試験(面接試験)

二次試験の問題は、次の2つです。

  1. 通訳問題
  2. プレゼンテーション問題

通訳問題は、試験官が読み上げる日本語を中国語に訳します。

プレゼンテーション問題は、提示された3つのテーマから1つ選び、テーマについて中国語で説明します。

試験時間は、10分程度です。通訳案内士としての、実践的な試験内容と言えるでしょう。

通訳案内士の料金

通訳案内士の料金は、11,700円です。

中国語選択者の合格率は10%未満となっていて、かなりの難関試験となっています。

通訳案内士を取得するメリット

通訳案内士を取得するメリットは、プロとして外国人観光客向けにガイドができることでしょう。

近年、中国からの観光客は全国的に増加傾向にあります。

また中国語の通訳案内士は、人手不足です。

通訳案内士試験に合格すれば、ガイドを生業に活躍できるようになりますよ。

通訳案内士の受験をおすすめする人

中国語や日本の地理、歴史が好きで、その知識を人に伝えたい方には特におすすめです。

また特に通訳案内士になりたくない方でも、得意科目が多かったり、試験免除になる資格を持っている方も力試しに受けてみてはいかがでしょうか?

自分の可能性が、広がるかもしれません。

TOCFLとは

TOCFLとは、Test of Chinese as Foreign Languageの略で、台湾への留学で特に活用できる中国語能力試験です。

中国語能力試験の中で、唯一の繁体字試験です。

TOCFLの特徴

国家中国語能力試験推進委員会が主催で、華語文能力測験となっています。

TOCFLは、国立台湾師範大学の中国語教学センターや中国語教育研究科、心理教育試験センターの共同研究で開発されました。

台湾での、日常的な中国語の運用能力を測定するための試験です。

台湾の大学への留学や、奨学金の申請、台湾で就職する際の証明として活用できるでしょう。

TOCFLの試験内容

試験は、読解と聴解の2種類から構成されています。

全て繁体字によって、試験が行われます。

レベルは、次の6つです。

  1. 入門級
  2. 基礎級
  3. 進階級
  4. 高階級
  5. 流利級
  6. 精通級

試験は日常的かつジャンルが豊富で、広告や天気予報、芸術などから出題されるでしょう。

TOCFLの料金

料金は、全てのレベルで等しく5,000円です。

TOCFLを取得するメリット

TOCFLを取得するメリットは、台湾での留学や就職の際の公式な中国語能力証明になることでしょう。

TOCFLを取得することで、台湾にある大学へ留学できる可能性が広がるはずです。

下記の表は、台湾にあるTOCFLを活用できる大学の一覧です。

(引用元:TOCFLホームページ

TOCFLの受験をおすすめする人

繁体字の中国語を学びたい方や、台湾への留学、就職を検討している方は受験必須です。

もしくは台湾が好きで、よく訪れる方が取得しても活かせる場面が多いでしょう。

他にもHSKなどの簡体字の試験を網羅して、中国語の幅をさらに広げたい方にも適しています。

まとめ

代表的な、7つの中国語能力試験を紹介してきました。

冒頭で、各試験をまとめた表を再掲します。

資格試験名特徴
HSK中国政府公認で、世界中で実施されている中国語能力試験。
中国語検定日本国内で中国語能力を試すのに、最も知名度が高い。
TECC日常的な、中国語でのコミュニケーション能力が試される。
C.TESTビジネスにおける、中国語会話能力を測定する。
BCTビジネスにおける「聞く」「話す」に特化した試験。
通訳案内士プロとして、中国語で観光客を案内するための国家資格。
TOCFL台湾の繁体字に特化した能力試験。

中国語能力試験は、それぞれに目的と特徴があります。

本記事を参考に、自身に適した試験を選択してもらえればと思います。

独学が難しいと思ったら

勉強のしかたや計画が分かっても、独学では不安という方は「コーチング」を受けてみてはいかがでしょうか?

最後に、中国語コーチングのCiiitz (シーズ)を少しだけ紹介させてください。

「より多くの人に中国語の習得を通じてチャンスをつかんでほしい」という思いのもと、中国語のコーチングサービスを行っています。

ただ、コーチングはその専門性の高さから受講料が割高になってしまいます。

Ciiitzでは、コーチが「中国語を本気で頑張りたい!」「中国語を身につけて成長したい」と考えるあなたの“バディ“となり

  • 業界最安値(入会金0円、受講料3ヶ月264,000円〜)
  • 得意・不得意や課題の分析と最適な学習プランの提供
  • 主体的な学習の継続と習慣化のサポート

で、あなたの中国語学習を全力でサポートします。

まずは、下記のボタンから無料カウンセリングを受けてみませんか?

「独学だとモチベーションが続かない」「学習を続けられない自分が嫌になる」
こんなお悩みはありませんか?社会人が語学学習を挫折する1番多い原因は“学習が続かない“ことです。

Ciiitzは、心理学におけるコーチング手法と第二言語習得論を活用して
「中国語を学び続け、“その先の自分“を見つける」3ヶ月間を提供します。


\ 30秒で入力完了! /

・忙しい社会人でも継続率95%
業界最安値 3ヶ月264,000円〜
・中国語学習経験豊富な日本人コーチ在籍

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる