日本語と中国語の違い・共通点5つ【学習する前に知っておきたい】

この記事では、これから中国語を仕事で使用していく方や今実際中国語を学習している方に向けて「日本語」と「中国語」の違いについて紹介します。
どちらの言語も漢字を使用しているので、語学として共通している箇所も多々あるのですが、文法の違いや同じ漢字なのに意味が全く違う漢字もあります。

中国語を学習していく上で、日本語と中国語の違いについて知っておく事は後々役に立つはずです。

これから中国人の方と話す機会もあるかと思いますので、その時のネタとして覚えておくのもいいかもしれません。
また、日本人が中国語を学習する上で苦労するポイントについてもまとめましたので、ぜひ最後まで読んで下さい。

目次

日本語と中国語の共通点とは

まずは、日本語と中国語の共通点について紹介しますが皆様もご存知の通り「漢字」が共通点です。
もう少し掘り下げて違いについて紹介します。

漢字

多くの方が既に知っている事ですが、「漢字」が一番大きな共通点です。

今私たちが使っている「漢字」は元々中国から伝わった言語と言われており、そこからひらがな・カタカナを漢字を参考にして作り出していきました。

つまり日本語の元祖は全て漢字と言っても過言ではないでしょう。その為、同じ漢字で同じ意味になる単語がとてもたくさんあります。

簡単な例ですと中国語で「人」の日本語訳はそのまま「人」ですし、中国語で「文字」はそ文字通り「文字」という日本語訳となります。
このように同じ漢字と意味が多くある中国語は、簡単な文章であれば全く中国語を学習した事が無い日本人の方でも5割程度は文章を読めば理解が出来てしまいます。

発音

一部の共通点として発音が近い単語もあります。
例えば、中国語で「安心」はピンインにすると「ān xīn」となり日本語の「あんしん」と発音が似ています。

もちろん意味も同じです。

また中国語で「公開」は「gōng kāi」なので平仮名にすると「ごんかい」でしょうか。
日本語の「こうかい」と発音とかなり似ていますよね。

日本語と中国語の大きな違いとは

ここからは、日本語と中国語の違いについて紹介します。
上記の通り「漢字」という部分では共通点がとても多い言語同士ですが、違う視点から見ると全く似て非なる言語になってしまいます。

文法

中国語と日本語で一番よく言われる大きな違いは「文法」です。

よく言われる例ですが「私はあなたを愛しています」を日本語と中国語にしてみると下記の通りです。

日本語:私は(主語) + あなたを(目的語) + 愛しています(動詞)。
中国語:我(主語)  + 爱(動詞)     + 你(目的語)。

この通り、中国語の場合だと主語の後先に動詞が来てから目的語となります。
文法の視点から見ると、中国語はどちらかと言うと英語よりです。

発音

先に、日本語と中国語は似ている所があると紹介しましたが実は発音の根本的な部分は全く違います。
具体例を挙げれば、日本語のアクセントは高いか低いかだけの問題なので
例えば「帽子(ぼうし)」という言葉を日本語で発音する時アクセントをそこまで考えなくても問題はありませんよね。

ですが、中国語の場合発音を考えながら話さないと相手にしっかり意味が伝わりません。
先ほどの「帽子」を中国語で発音する場合「mào zi」となり、最初の「」は4声で発音しなければいけません。

ですが、発音を気にせず「māo zi」と最初の「mao」部分を1声で発音してしまうと「猫子」とネコの意味になってしまいます。

巻き舌

もう一つ、発音の大きな違いが「巻き舌」です。
日本人が中国語を学習する際に鬼門とも言える発音です。

中国語では、舌を反らしながら発音する音が全部で4種類あります
ですが、日本語ではそもそも巻き舌で話す言語では無いので発音する際や聞く際とても難しく感じます。

簡体字

「漢字」としては、日中どちらの言語でもとても似ているのですが、一つ大きな違いが漢字の中にもあります。

それが「簡体字」です。中国では、もともと繁体字という今現在台湾などで使用されている漢字を使用していましたが、文字に対する識字率を上げる為に中国は簡体字を導入しました。

文字通り、繁体字を簡単に記したものです。

例えば「馬」という字は、繁体字では同じですが簡体字にすると「马」となります。
この程度であれば、私たち日本人でも理解する事が出来ますが、簡体字を学習していないと分からない漢字も多々あるので、ここが日本語・中国語の大きな違いと言えるでしょう。

日本語と中国語で意味が違う漢字とは

ここからは、同じ漢字なのに意味が日本語とは違う中国語を紹介します。
例えば日本語で「手紙」はレターの意味になりますが、中国語だとトイレットペーパーになってしまいますので、ご注意を。
それでは、始めていきましょう。

勉強

日本語で「勉強」はStudyですが、中国語の意味は「無理をする」という意味になります。
日本語での勉強が、中国だと無理をするという意味になるのは少し面白いです。

愛人

日本語で「私は愛人がいます」と言うと、良ろしく無い状況に陥る可能性がありますが
中国語で愛人と言っても何も起こりません。というのも中国語で愛人は妻・恋人の意味になるからです。
その為、大きな声で愛人と言っても何も悪い事は起きません。

ちなみに中国語で愛人は「第三者、情夫(婦)」と言います。

新聞

中国語で「新聞」はニュースの意味となります。
台湾や中国TVでよく「〇〇新聞」という文字が出ていて最初は少し違和感があるかもしれません。
ちなみに中国語で新聞は「報紙」となります。

老婆

おばあちゃんの意味ではありませんよ!
これは「妻」という意味です。

以前、私が中国語を勉強する為にインターネットで知り合った中国人の方から「これが俺の妻(老婆)だよ」と写真が送付されてきて
「ずいぶん若いんだなあ」という間違いをした事がありますので、皆様はお気をつけ下さい。

東西

日本語では単純に東西という「方向」になりますが、中国では「物(もの」の意味となります。
一説では、昔中国に「東市と西市」という2つの買い物をする所がありました。
つまり、「東西市へ物を買いに行こう」がいつの間にか「東西(もの)を買おう」という意味になったという事です。

中国語を勉強する上で日本人が苦労しやすいポイント

ここからは、日本人が中国語を学習していく中で苦労するポイントを紹介します。

上述した通り発音などの違いもありますが、私が実際に中国語を学習してきた中で苦労した部分を説明します。

皆様も中国語を学習する上で同じような箇所で少し苦労するかもしれませんが、この苦労した部分を乗り越えていく事で他の中国語学習者と差が付けられますよ。

単位の違い

日本語の物の単位は「1個」「2冊」「1着」という物の数え方ですが、中国語の物の数え方の単位は日本人からすると全く想像が付かないような単位もあるので覚えるのが大変です。

具体例を挙げていきましょう。

一件衣服(1着の衣服)
一件事(1つの物事)

日本語から想像をする事が出来ませんが「件」は中国語で服の枚数を数える時に使用します。
また、物事についても数えるので「今日は一件事故がありました」という日本語もあるので、こちらは日本人にとっても覚えやすいです。

一条魚(一匹の魚)
一条河(一本の河)

この単位は日本人にとって不思議ですよね。
この「条」は細長い物に対してつけていく単位なので、細長い魚も河どちらも「条」となります。

一張紙(一枚の紙)
一張床(一つのベット)

こちらもまたまた日本人には難しい単位です。
この「張」という単位は平面的な物に対してつけていく単位なので、平べったい物は「張」となります。

一本書(一冊の本)
一本雑誌(一冊の雑誌)

中国語では「本」は単位となります。
逆に日本語で言う「本」の中国語は「書」なので少し紛らわしいですよね。

一枝鉛筆(一本の鉛筆)
一枝煙(一本のタバコ)

この単位も日本人にとって少し「ん?」となってしまいますが「細長い棒の形をしている物」に対しては枝を使って単位とします。
確かに枝は細長い棒ですが…最初は少し戸惑うかもしれませんね。

一首歌(一曲の歌)

中国語では「歌」の単位が首となります。
日本語だと「曲」なので全く違うかと思いきや、「百人一首」は首となっていますよね。
元々中国で漢詩を数える単位が「首」だった事が由来しているとされています。

発音

四声

先ほども少し触れましたが、中国語では声調と呼ばれる4つのアクセントがあります。
よくある例として「お母さんは馬を叱りましたか?」という日本語を中国語にしてみると下記の通りとなります。

文章  : 妈妈(お母さん) + 骂(叱る) + 马(馬) + 吗(疑問)?
ピンイン: māmā      +  mà     + mǎ     +   ma     ?

最初聞いただけだと「まーまままーま?」とだけしか聞こえませんが全てのアクセントが違います。
「ma」という発音にどのようなアクセントをしていくかでこれだけ意味が変わってしまいます。

巻き舌

「そり舌」と呼ばれる事もありますが、日本語には無い発音なので、この発音が一番難しいと考えている中国語学習者も多いです。
ただし、巻き舌が出来ないからと言ってその発音の単語が中国人に全く通じない、という訳ではないのでとにかく発音を繰り返し練習しましょう。

私が中国語を学習していた時は日本語で「じゅるじゅる」「ちゅるちゅる」と発音した時の舌の動きが巻き舌と同じなので
その舌の配置を覚えて巻き舌の中国語を発音するようにしていたので、苦手な方はこの方法を試してみるのもいいかもしれません。

「了」の使い方

文法の観点から見ると「了」の使い所が日本人にとって鬼門です。
「了」は「完了」したという日本語にも使われているので過去形と思われる事もあるのですが、実は全く違います。
もう少し具体的に例を挙げましょう。

もうすぐ〜になる

例文

快要秋天了(もうすぐ秋になる)

この文章は快要〜了という「もうすぐ〜になる」という文法です。
過去の事ではなく、完全に未来の事ですよね。

〜になった

例文

他30歳了(彼は30歳になった)

状態が変化した場合でも「了」を使用します。
つまり、29歳から30歳になった状況の変化を文章としているので「了」を付ける必要があります。

〜しないで

キャプション

別吃了(食べないで)

別〜了で「〜しないで」という文法になります。
シンプルに言ってしまえば「制止」をする時に使う表現の際「了」も同時に使います。

ざっと「了」の基本的な使い方を紹介しただけでもこれだけの違いがあります。
しかし、調べてみると更に多くの「了」の使い方があるのでこれら全ての用法を覚えていくのはとても苦労するかもしれません。

感情を示す「了」

例文

太好吃了(美味しすぎる!)
太貴了(高すぎる!)*主に物が主語

このように最後に「!」がつくような感情を示したい時にも「了」が使用されます。
驚いた時、喜んでいる時など喜怒哀楽の感情にあわせて使用します。

蛇足ですが、「太貴了(高すぎる!)」はお買い物の時に使う事が出来るので覚えておいた方がいいかもしれません。

独学の難しさ

書店に中国語の本があまり無いので、独学で学習していくのが難しい言語です。

これは私が中国語を勉強し始めている頃から思っていたのですが、「中国語の参考書が書店にとても少ない」という事です。
その他中国語が、発音・文法などが他の言語と比べて難しいといった原因もありますが、一番の原因は参考書の少なさだと思います。

書店に行っても多いのは英語の参考書ばかりで、中国語の参考書は端の方に少しだけあるというのが大体のイメージです。

また、HSK・中国語検定の参考書、問題集もかなり限られてきてしまうので、ほとんどの中国語学習者が同じような本を使用して学習している事が多いように感じます。
その為、独学をしようとしても自分に合った参考書が見つからず苦労してしまう可能性があります。

まとめ

最後にまとめると日本語・中国語の共通点は「漢字」「発音」である一方「文法」はむしろ英語に近いという事や「同じ漢字」なのに意味が全く違う単語もあります。
また、日本人が中国語を学習していく中で「単位」や「発音(巻き舌等)」の種類がとても多い事や「了」の使い方や「独学」の難しさも挙げました。

この記事を参考にして中国人とのネタとして使用するのも良いでしょうし、また、日本人が中国語を学習する上で難しい点をこれからの中国語学習に生かしていっても良いかもしれませんね。

独学が難しいと思ったら

勉強のしかたや計画が分かっても、独学では不安という方は「コーチング」を受けてみてはいかがでしょうか?

最後に、中国語コーチングのCiiitz (シーズ)を少しだけ紹介させてください。

「より多くの人に中国語の習得を通じてチャンスをつかんでほしい」という思いのもと、中国語のコーチングサービスを行っています。

ただ、コーチングはその専門性の高さから受講料が割高になってしまいます。

Ciiitzでは、コーチが「中国語を本気で頑張りたい!」「中国語を身につけて成長したい」と考えるあなたの“バディ“となり

  • 業界最安値(入会金0円、受講料3ヶ月264,000円〜)
  • 得意・不得意や課題の分析と最適な学習プランの提供
  • 主体的な学習の継続と習慣化のサポート

で、あなたの中国語学習を全力でサポートします。

まずは、下記のボタンから無料カウンセリングを受けてみませんか?

「独学だとモチベーションが続かない」「学習を続けられない自分が嫌になる」
こんなお悩みはありませんか?社会人が語学学習を挫折する1番多い原因は“学習が続かない“ことです。

Ciiitzは、心理学におけるコーチング手法と第二言語習得論を活用して
「中国語を学び続け、“その先の自分“を見つける」3ヶ月間を提供します。


\ 30秒で入力完了! /

・忙しい社会人でも継続率95%
業界最安値 3ヶ月264,000円〜
・中国語学習経験豊富な日本人コーチ在籍

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる