中国語は難しい?5つの分野を日本語・英語と比較してみた

中国語を勉強して見たいけど、どれくらい難しいのか想像がつかない
英語よりも簡単なの?難しいの?

こんな疑問にお答えします。

この記事では、分野別に中国語の難易度を日本語・英語と比べてみました。

中国語は全て漢字で成り立っているので、日本人にとっては馴染みやすいという印象を持っている方もいると思います。

一方で、中国語の発音や文法に難しそうなイメージがあり、学習を始めるのに抵抗感のある方もいるでしょう。

この記事では、中国語の難易度を以下の5つカテゴリーに分けて、日本語や英語と比較しながら解説していきます。

①単語
②発音
③発音
④リスニング
⑤スピーキング

中国語の全体像を知っておくことで、今後の学習がスムーズになるはずですよ。

目次

①:単語

単語

中国語の単語は、日本人にとってやさしいと言えるでしょう。なぜなら、全て漢字で成り立っているからです。

日本語と全く同じ漢字を使う単語もたくさんあり、ここが「日本人は中国語を学びやすい」と言われるポイントです。

英単語はアルファベットの組み合わせなので、1つひとつの単語のスペリングをゼロから覚えて行かなければなりません。

ただし、注意点もあります。

それは、中国語には2種類の漢字があるということ。その2つとは「簡体字」と「繁体字」です。

簡体字は中国本土で使用されている漢字で、繁体字は台湾や香港で使用されている漢字です。

 

漢字が使われているという店は、日本人にとって学習へのハードルが低くなります。

ただし、日本語の漢字とは形が異なったり、同じ漢字でも単語でも意味が異なることがあるので、注意が必要でしょう。

日本語との比較

日本語と中国語の単語を比較するとこんな感じです。

  • 同じ漢字・同じ意味で使われる単語がある
  • 同じ漢字だが異なる意味で使われる単語もある
  • 中国語は文章の全てを漢字のみで書く

日本語と中国語では、同じ単語が同じ意味で使われているものがあります。

例えば「学校」は中国語で書いても「学校」で、意味もまったく同じです。

しかし、単語によっては日本語と全く意味が違うことも。

例えば、日本語で「老婆=歳をとった女性」という意味ですが、中国語では「老婆=奥さん」という意味になるんですよ。

また、文章の書き方にも違いがあります。

日本語では漢字と合わせてひらがなやカタカナを組み合わせて文を作るのに対して、中国語の文章は全て漢字で書かれます。

日本語の「を」や「で」などの助詞や「システム」のような外来語も、中国語では全て中国語での表し方に置き換えて書きます。

ただし、最近では特に若い年齢層で「英語の単語をそのまま英語で書く」場合もあります。

中国語 vs 英語

「英語と中国語のどちらが日本人にとってやさしいか」と聞かれたら、どちらも難しい部分とやさしい部分があると言えます。

漢字というポイントからすると、アルファベットを使う英語よりも中国語の方が馴染みがあるかもしれません。

しかし、多くの英語が外来語として日本でも頻繁に使う一方で、中国語では中国語の呼び方を覚えなければいけないという点があります。

英語がどんどん日本語として使われている現状をふまえると、英語と中国語の単語は、日本人にとってどちらも同じくらい取り組みやすくなっていると言えるでしょう。

ただし、中国語は日本語と言語的に近いので、学習が進めば進むほど勘が働き学習しやすいです。

②:発音

発音

中国語の発音は、日本人にとって難しい分野です。

中国語の発音を難しくしている原因は「発音の種類の多さ」と「声調」です。

中国語には405種類の発音の組み合わせに加えて、声調(四声)という単語の持つイントネーションのようなものが4種類あります。

発音の種類と声調を組み合わせると、中国語には約1300の音があります。

日本語の音の数が約100ほどと言われているので、音の数の多さは中国語が圧倒的に多いことがわかります。

ただし、使われない音や学習しなくて良い音もあるので、実際の数はもう少し少ないです。

とはいえ、日本人として中国語ネイティブの人と会話した場合、発音が正しくなくても表情や文脈から、相手がある程度の推測をしてくれることも多くあります。

最初から発音を完璧にすることができなくても、練習を繰り返して実際に使いながら学んでいけば、必ず上達します。

語学の上達に失敗は付きもの。「失敗→改善」を繰り返すことで、必ず上手くなりますよ。

日本語との比較

日本語と中国語の発音を比較すると、こんな感じです。

  • 発音の数が違う
  • 日本語の音読みとは若干異なる

日本語は51種類の発音で成り立っています。そのため、中国語の発音の種類の多さと複雑さには敵いません。

また、日本語の漢字の音読みは中国語由来ですが、正確な発音は全く違うように感じるはずです。

ですが、単語と同じように発音は中国語学習の基礎です。初めのうちからしっかりと発音を練習していきましょう。

最初は発音の種類の多さや声調の変化を前に「うっ・・・」と感じがちですが、これは最初だけ。

最初に徹底的に発音練習をすることで、リスニングなど後の学習がスムーズになります。

徹底的に練習を繰り返す分、自分のペースで無理なく続けられるようにしましょう。

中国語 vs 英語

英語と中国語の発音の難易度は単純に比較することはできませんが、「声調(四声)」があるという点では中国語の方が難しいと言えるでしょう。

子音の数こそ英語の方が多いですが、母音の数や発音の種類は中国語の方が多いです。

日本人にとって英語の発音が難しいのは、アクセントや巻き舌、リエゾン(単語と単語で音が繋る発音)などに馴染みがないから。

その法則に慣れるのには、相当な練習が必要になります。

  しかし、中国語の発音はリエゾンこそ少ないものの、日本語にはない発音に加えて四声も正しく発音しないと意味が変わってしまいます。

>>中国語の発音は難しい?基本を解説【発音をマスターする!】

③:文法

文法

中国語の文法はやさしいです。なぜなら、ルールが少ないからです。

例えば中国語の文法には時制がなく、過去・未来・現在の区別は、時を表す単語の有無で決まります。

また、英語だと“彼“や“彼女“などの3人称で現在形を表すときは「動詞に-sをつけて・・・」となりますが、中国語にこのような変化はありません。

中国語と日本語の文法は、大きく異なる部分と似ている部分があります。

日本語と異なる部分

  • 基本の文法構造が英語と同じSVO(主語+述語+目的語)

日本語と似ている部分

  • 語尾を変えて疑問文や完了を表すことができる

まず、基本の文構造がSVO(主語+述語+目的語)であるのは、日本語にはない特徴です。

一方で、語尾を変えるだけで疑問文になったり完了を表すことができたりするところは、日本語と似ていると言えるでしょう。

ただし、日本語と中国語の大きな違いは、言葉の並びの自由度にあります。

日本語は、文を構成する要素の並びが変わっても、受け取る印象が変わることはあっても意味としては通じます。 

しかし、中国語は文を構成する要素の並びが決まっていて、並びが変わると意味が変わったり文として成り立たなくなったりします。

例えば、「私はニンジン(を食べるの)があんまり好きじゃない」という文章。
日本語では「私あんまり好きじゃない、ニンジン(を食べるのが)」という語順になっても通じます。
しかし、中国語の場合は「我不太喜欢吃胡萝卜(私は/あまり好きじゃない/食べる/ニンジン)」の語順でないと、文として成り立ちません。

このように、中国語の文法は英語と似ているところもありますが、日本語とも似ているところがあるといえます。

中国語 vs 英語

文法に関しては、英語の方が難しいでしょう。

中国語と英語では、文の要素の並びが似ているところもあります。
英語も中国語も基本的な文型は「SVO(主語+述語+目的語)」。

また、「A是B(AはBである)」という、AイコールBを示す「SVC(主語+述語+補語)」の文型もあります。

しかし、英語と中国語ではその他のことで大きく異なります。

特に違うのが「動詞の変化」。

英語の動詞は、「過去・完了・受動態」など、時制や動作を行う側なのか/行われる側なのかによって動詞の形が変わります。

動詞を覚えるのに加えて、時制や受動態により変化した形も覚えなければいけないので、戸惑ってしまう学習者さんが多くいます。

一方で、中国語の動詞は変化しません。

時制を表すための表現や受動態を表すための表現をつけることで、動詞自体の形を変えずに文章を作ることができます。

文法は、読解や作文にはもちろん、リスニングや会話で「相手の話す内容を理解して自分の意見を伝える」のに不可欠な要素です。

中国語の文法は項目が少なく難易度も比較的低いので、反復練習をして覚えていきましょう。【文法】中国語の基本語順はこの1記事でマスター!おすすめの本も紹介で基礎文法をチェックしていただけます。

④:リスニング

中国語のリスニングは、日本人にとって難しいでしょう。

一番大きな理由は、中国語の発音の多さです。

発音のところでお伝えしたように、中国語には多くの発音と声調(四声)があり、最初のうちは聞き分けるのが大変です。 

ただし、リスニングが難しい理由は

  • 発音を知っているか
  • 単語や表現を知っているか
  • 文法を知っているか

だけなので、まずは「発音(ピンインと声調)」と数が限られている「文法」をおさえて、単語の数を増やしていけば聞き取れるようになります。

中国語 vs 英語

どちらの言語も同じくらいの難易度だといえます。

中国語と英語のリスニング難易度を比べるとき、ポイントとなるのはやはり発音。

中国語の発音の特徴

  • とにかく数が多い
  • 日本語にはない発音がある
  • 基本的に音がつながったり脱落したりしない

英語の発音の特徴

  • 日本語にはない発音がある
  • 音がつながったり脱落したりする

中国語は、発音の数こそ多いものの英語のように音がつながったり脱落したりすることがほとんどないので、長い文章になっても単語1つひとつがはっきり発音されます。

対して英語は中国語ほど発音が多くないですが、音がつながったり脱落したりするので(リエゾンと呼ばれるもの)、リエゾンのルールを知らないとリスニングが難しく感じます。

⑤:スピーキング

中国語のスピーキングは日本人にとって難しいといえます。

理由は、やはり発音かなと思います。

スピーキングは、

①:概念化(伝えたいメッセージを作るステップ)
②:文章化(単語・文法・発音を組み合わせて文章にするステップ)
③:音声化(作った文章を実際に声に出して発話するステップ)

の3つのステップから成り立っています。

発音をしっかりマスターしていないと、②文章化のステップで正しい発音記号をつけることができません。

そのため、③音声化のステップで「間違った発音で喋ってしまい、相手に通じない」ということになってしまう場合があります。

中国語の文法は比較的やさしく、単語を増やす勉強は終わりがないので、やはり文法と発音を最初にマスターすることがスピーキング上達への近道と言えそうですね。

中国語 vs 英語

スピーキングに関しては、英語の方が難しいです。

その理由は、主に以下の3つです。

  • 日本語と完全に違う語順
  • 時制や3単元など複雑な文法ルール
  • つながる音や脱落する音(リエゾン)

中国語は日本語と語順が似ている部分があり、文法は英語ほど複雑ではありません。

英語に見られるようなリエゾンもほとんどないので、「単語×発音×文法」の基礎を固めて何度も口に出す練習をしていけば上達するはずですよ。

一概にどちらの言語が難しいということはできませんが、あくまで目安程度に参考にしてみてくださいね。

まとめ:中国語の難易度は分野による

今回は、5つのカテゴリーに分けて中国語の難易度を解説しました。

まとめると以下のような感じです。

分野難易度中国語 vs 英語
単語カンタン同じくらい
発音難しい中国語の方が難しい
文法カンタン英語の方が難しい
リスニング難しい同じくらい
スピーキング難しい英語の方が難しい
あくまで目安程度です

中国語は日本語と同じく漢字を使用するため、簡単だと思われがちです。

確かに文章を読むだけだとなんとなく予想することはできるのですが、そこに「発音」が入ってくると一気に難しく感じると思います。

中国語に限らず、どの言語でも学習の基礎は「単語×文法×発音」。

この基礎をしっかりマスターしたあとは、あなたが苦手だと感じる分野を見つけ克服していくことで上達が早くなりますよ。

\ 簡単30秒で入力完了! /

 

中国語、本気で学んでみませんか?

 

執筆者

中国語学習に関する記事を作成、編集をしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる