HSKとは!試験内容や受験するメリットを解説

「中国語の検定試験で、HSKという試験をよく聞くけど、実際どんな試験なの?」という疑問に、答える記事になっています。

中国語の検定試験はたくさんの種類があって、区別がなかなか難しいですよね。どうせ検定試験を受けるなら、将来に役立つものを受けたいと思うでしょう。そして将来的に中国語を活かしたい方には、HSKがおすすめです。

当記事では、HSKの特徴や試験内容を紹介します。また合わせて、HSKに合格すると得られるメリットや中国語検定との違いも解説します。

目次

HSKとは

HSKとは中国政府教育部の直轄機関が主催している、中国政府公認の中国語能力測定試験です。中国語を母国語としない方々を対象しにしています。そのため、運営や試験内容は、全て中国語が使用されていますよ。

世界的に中国語学習の需要が急速に伸びたことで、HSKの知名度が高まり、活動も盛んになっています。日本におけるHSK受験者も増加しており、国内では中国語検定と同じくらいの知名度を誇るようになっているでしょう。

ここでは、HSKの概要として特徴や試験料金、受験時間、受験までの流れを紹介します。

HSKの特徴

HSKの大きな特徴は、次の3つです。

  • 中国語のコミュニケーションや運用能力を試す試験
  • 中国政府主催の試験
  • 世界で最も受験者が多い中国語検定試験

中国語のコミュニケーションや運用能力を試す試験

HSKは、中国での仕事や留学を目的に、中国語の運用能力を試すための試験です。つまりHSKは実際に中国で中国語を使うことを想定して作られた試験だということです。

それに対して中国語検定は日本人の中国語学習者向けに行われる試験で、どちらかといえば日本語と中国語を「訳す力」に力点が置かれています。

HSKは中国語を理解し、読解と聴解、作文の能力が試され、試験問題は全て中国語で作成されています。中国語検定のように日本語を中国語にするといった工程が無く、試験中は中国語だけで考えれば良いので、HSKはより「汎用的な試験」と言えるでしょう。

中国政府主催の試験

HSKは、中国政府教育部が主催しています。そのため、中国語の運用能力を証明するのに、世界的に最も信頼感が強いです。

将来的に中国語を、仕事や勉強に活かそうと思っている中国語学習者も多いでしょう。一方で趣味や教養の一環として取り組んでいる方もいるかもしれません。HSKは、そのようなほぼ全ての中国語学習者が受けることをおすすめします。HSKは、世界的に認められているので、世界の大学や企業への中国語能力のアピールに便利だからです。

世界で最も受験者が多い中国語検定試験

HSKは、世界で実施されている中国語の検定試験の中で、最も受験者が多いことで知られています。世界の875ヶ所以上、118の国と地域で試験が実施されているのです。主に、グローバル企業でのHSK導入が増えています。

またHSKは、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠組み)という世界共通の基準にしたがって作成されています。つまり、他の言語と同じような基準で中国語能力を測定することができるのです。

(参考:HSKホームページ HSKとは

HSKの料金

HSKは、1級から6級の6段階のレベル分けがされています。1級が最も易しく、数字が大きくなるにつれて難易度や試験時間は長くなっていきますよ。

料金は、6級に近ずいていくほど高くなっています。

HSKのレベルごとの料金について、2020年9月に実施される試験を元に表にまとめたのでご確認ください。

料金
1級3,740円
2級4,950円
3級6,160円
4級7,370円
5級8,580円
6級9,790円

(参照元:HSKホームページ 受験料金

HSKの受験時間

HSKの受験時間は、レベルが上がれば上がるほど高くなっていきます。

料金と同じように、階級ごとの受験時間を表にまとめて記載していきますね。

受験時間
1級約50分間
2級約65分間
3級約100分間
4級約115分間
5級約135分間
6級約150分間

5級から、試験時間は2時間以上になります。とても長いように思うかもしれませんが、HSKは5級から一気に難易度が上がるため、時間的な余裕は少ないでしょう。

一方で、1〜4級は基礎的な内容であるため、試験時間が余る傾向にありますよ。

HSKの受験までの流れ

HSKの受験までの流れは、次のようになっています。

  1. インターネットで試験に申し込む(郵送でも可)
  2. 料金を支払う
  3. 受験票が届く
  4. 受験票に記載されている受験会場に行く

申し込みは、インターネットで簡単にできます。

料金のお支払いが完了すれば、指定した住所に受験票が届きます。もし届かなかった場合は、運営局に連絡してください。

受験票に顔写真を貼って、記載されている試験会場にいきましょう。試験会場の変更は基本的に難しいですが、どうしても必要ならば、あらかじめ連絡しましょう。

決済方法

決済方法は、インターネット申し込みの場合、次の3つから選べます。

  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • 楽天ペイ

郵送申し込みは、銀行での支払いになっています。

試験当日の持ち物

試験当日の持ち物は、次に記載するものを必ず持参しましょう。

  • 受験票
  • 顔写真
  • 身分証明書
  • 鉛筆
  • 消しゴム
  • 時計

もちろん、携帯電話を時計として使用してはいけません。

(参考:HSKホームページ 試験当日の注意点

HSKの試験内容とは

それでは、具体的なHSKの試験内容について見ていきましょう。

HSKの試験概要

HSKの試験内容は、次の3部分から構成されています。

  1. リーディング
  2. リスニング
  3. ライティング

スピーキングはありません。

1級と2級にはライティングがないので、リーディングとリスニングの2つから成り立っています。

基本的に全てマーク式で行われます。ただし、作文問題だけは記述式です。

試験の流れ

試験は、次のような流れで行われます。

  1. リスニング
  2. リーディング
  3. ライティング

それぞれの項目で、制限時間が設けられています。制限時間内で各項目の問題を解答しなければなりません。そのため、時間が余ったからといって、リーディングやライティングを解き始めることはできません。もちろん戻って解き直すことも禁止です。

受験会場の受付

受付は、試験開始の20分前から始まります。

HSKは、1日で2つのレベルの試験を受けられます。

そのため「1級、3級、5級」と「2級、4級、6級」は、開始時間が午後と午前で分けられているのです。

自分の受験時間を確認して、試験会場に向かうようにしましょう。

各レベルの紹介

ここでは、1〜6級までの試験の難易度と対象者を紹介します。

受けるレベルの検討に、お役立てください。

1級

HSK1級では「中国語の非常に簡単な単語とフレーズを理解、使用することができ、具体的なコミュニケーションを行うことができる。中国語学習するための基礎能力も備えていること」が求められます。

中国語を始めたばかりの方は、力試しに1級から受験をしてもいいでしょう。

受験対象者となる目安は、150語程度の常用単語と文法知識を習得していることです。

具体的な試験内容は、次のようになっています。

(引用元:HSK 各級の紹介1級

2級

HSK2級では「身近な日常生活の話題について簡単で直接的な交流ができ、初級中国語の上位レベルに達していること」が求められます。

受験対象者の目安は、300語程度の常用単語と文法知識を習得していることです。

試験内容は、次のようになっています。

(引用元:HSK 各級の紹介2級

3級

HSK3級で求められる能力は、次のようになっています。

「中国語を使って、生活、学習、仕事等における基本的なコミュニケーションができる。中国旅行の時も大多数の場合において中国語で対応することができること」

受験は、600語程度の常用単語と文法知識を習得している者を対象としています。

試験内容を掲載します。

(引用元:HSK 各級の紹介3級

4級

HSK4級では、「幅広い範囲にわたる話題について、中国語でコミュニケーションをすることができ、中国語を母語とする者と流ちょうに話すことができること」が求められます。

文法的な難易度が少し上がるため、実力がついてきたと感じたタイミングで受験しましょう。

受験対象となる目安は、1200語程度の常用単語と文法知識を習得していることです。

試験内容は、次のようになっています。

(引用元:HSK 各級の紹介4級

5級

HSK5級では、「中国語の新聞や雑誌が読めるだけでなく、中国の映画やテレビも観賞でき、さらに、中国語でスピーチすることができること」が求められます。

5級から、文法問題よりも実践的な運用能力を求められるでしょう。難易度が格段に、上昇します。

学習の目安は、主に週2~4回の授業を2年間以上習い、2,500語程度の常用単語を習得することです。

試験は、次のようになります。

(引用元:HSK 各級の紹介5級

6級

HSK6級では、「中国語の音声情報や文字情報を不自由なく理解することができ、自分の意見や見解を流暢な中国語で口頭または書面にて表現することができること」が求められます。

HSK6級まで到達できれば、中国での生活に困ることはほとんどなくなるでしょう。

主に5,000語かそれ以上の常用単語を習得している方が、受験対象です。

以下の図は、具体的な試験内容です。

(引用元:HSK 各級の紹介6級

各級のまとめ

各級で求められている能力や、受験対象者をまとめると次のようになります。

(引用元:HSKホームページ 各級の紹介

口頭試験の紹介

HSKには、口述試験もあります。

ただし、今のところ留学や就職条件として口述を求められることは多くありません。

試験回数も、筆記に比べて少なくなっています。

HSKの口述試験は、受験者の中国語運用能力を確認するための能力です。

レベルは、次の3つに分かれています。

  • 初級
  • 中級
  • 高級

詳細は、次のようになっています。

(引用元:HSKホームページ 各級の紹介

参考に、口述試験の初級の試験内容を掲載します。受験するかどうかの検討に、お役立てください。

(引用元:HSKホームページ 各級の紹介HSKK口試初級

HSKを受けるメリットとは

それでは、HSKを受けるとどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリットはたくさんありますが、ここでは次の3つを紹介します。

  • 中国の一流大学に留学できる
  • 就職・転職に有利になる
  • ビジネスでの中国語能力の証明になる

中国の一流大学に留学できる

中国の大学に留学するには、必ずといっていいほどHSKの取得を求められるでしょう。

基本的には4級以上が必要で、北京大学や清華大学などの一流大学に行くには、5級以上のハイスコアが必要です。

現時点で中国への留学を検討していなくても、力試しでHSKを取得するだけで、留学の道は開けます。中国の大学や大学院は、優秀な人材を排出しており、留学者は年々、増加傾向にありますよ。

就職・転職に有利になる

HSKは、日本のグローバル企業で導入されていることが多いでしょう。また中国の存在感が増している中、中国語人材を求めている企業は増える一方です。

したがって、HSKを保有することは、就職や転職の際の大きなアピールポイントになります。特に学生からの新卒採用なら、中国語の学習で高いレベルを得られた実績があるだけでも、十分な強みのアピールになるでしょう。

ビジネスでの中国語能力の証明になる

就職や転職に有利なのは、日本国内だけではありません。HSKを持っていて、中国語の能力を証明できれば、海外企業への就職も実現できる可能性がある上に、取引の場での活躍にも繋がるでしょう。

中国語人材の需要が増えているということは、業務において中国語能力の活用を求められる場面も増えているということです。業務の幅を広げるためにも、HSKは有効です。

中国語検定との違い

中国語検定とは、日本国内で実施されている中国語能力検定試験です。

両者の情報が混ざってしまって、混乱してしまうことが多々あります。

そこで、ここではHSKと中国語検定の違いを次の4つから解説していきます。

  • 受験対象者
  • 主催団体
  • 中国での就労の可否
  • 合格に求められる能力

受験対象者

HSKの受験対象者は、中国語を母国語としない全世界の人たちです。

一方で中国語検定は、日本語を母国語とする人が対象です。

そのため、中国の大学への留学や中国企業への転職での証明には効力を発揮しません。

ただし、中国語検定は日本での知名度が高いため、日本企業ではHSKよりも評価されることがあります。

主催団体

HSKが中国政府教育部という、中国政府に関係の強い組織によって運営されているのに対して、中国語検定は日本の一般財団法人である日本中国語検定協会が主催しています。

中国語検定は、日本人によって日本の受験者のために作成されているので、案内も日本語で行われます。

中国での就労の可否

HSKは、中国での就労ビザの要件に求められています。つまり、中国語能力の正式な証明として、HSKを使用できるのです。しかし、中国語検定はあくまでも日本国内だけで完結している検定試験なので、中国での就労はできません。

同じ理由で、留学するための中国語能力の証明として中国語検定は使用できないのです。

合格に求められる能力

HSKが求めている能力は、純粋な中国語能力、つまりどれだけネイティブに近い中国語かということです。

一方の中国語検定は、「訳す力」、「翻訳能力」が求められていると言えるでしょう。

そのため、中国語検定の問題には日本語から中国語へ、中国語から日本語へ訳す問題が多数あります。

まとめ

HSKは世界的に認められている、中国語能力を証明するための検定試験です。

HSKを取得することで、中国の大学への留学や、中国での就労が実現できる可能性があります。

中国語を勉強しているなら、ぜひHSKの受験を検討してみてください。

独学が難しいと思ったら

勉強のしかたや計画が分かっても、独学では不安という方は「コーチング」を受けてみてはいかがでしょうか?

最後に、中国語コーチングのCiiitz (シーズ)を少しだけ紹介させてください。

「より多くの人に中国語の習得を通じてチャンスをつかんでほしい」という思いのもと、中国語のコーチングサービスを行っています。

ただ、コーチングはその専門性の高さから受講料が割高になってしまいます。

Ciiitzでは、コーチが「中国語を本気で頑張りたい!」「中国語を身につけて成長したい」と考えるあなたの“バディ“となり

  • 業界最安値(入会金0円、受講料3ヶ月264,000円〜)
  • 得意・不得意や課題の分析と最適な学習プランの提供
  • 主体的な学習の継続と習慣化のサポート

で、あなたの中国語学習を全力でサポートします。

まずは、下記のボタンから無料カウンセリングを受けてみませんか?

「独学だとモチベーションが続かない」「学習を続けられない自分が嫌になる」
こんなお悩みはありませんか?社会人が語学学習を挫折する1番多い原因は“学習が続かない“ことです。

Ciiitzは、心理学におけるコーチング手法と第二言語習得論を活用して
「中国語を学び続け、“その先の自分“を見つける」3ヶ月間を提供します。


\ 30秒で入力完了! /

・忙しい社会人でも継続率95%
業界最安値 3ヶ月264,000円〜
・中国語学習経験豊富な日本人コーチ在籍

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる