MENU

中国語コーチングCiiitz公式サイトへ

【動画付き】中国語ピンインの覚え方のコツ【3週間でマスター!】

最初に中国語のピンインを正しく覚えることは、後のリスニングやスピーキング学習をスムーズにしてくれます。

しかし、その特有さから

  • 覚えるのが難しそうで抵抗感がある
  • なかなか覚えられない
  • 正しい発音ができない

など、多くの学習者さんが悩みを抱えているのも事実。

ピンインは中国語学習の基礎であり、上達を目指すなら必ず習得しておきたいポイントです。

この記事の内容

  • ピンインの基礎知識・ルール
  • ピンインの覚え方
  • おすすめの教材

覚えることがたくさんあるので、いつでも見返せるようにぜひ記事を保存してくださいね。

目次

ピンインの基礎知識

ピンインとは、アルファベットと四声を組み合わせた中国語の発音記号のことです。

ご存知の通り、中国語は全て漢字で表現されています。

その漢字の読み方をアルファベットと声調で表しているのがピンインです。日本語で言えば「ふりがな」のようなものです。

例えば、中国語の日常的なあいさつである「你好(ニーハオ)」は、ピンインで次のように表します。

nǐ hǎo →ピンイン
你好

ただし、注意点として「中国語のルールで読まなければいけないアルファベットもある」ということを覚えておいてください。

ローマ字読みするアルファベットが多いですが、中には中国語のルールで読まなければいけないアルファベットもあるためです。

そして、アルファベットの上にある、英語の「v」に似たマークは声調(四声)です。

もう少し詳しくピンインについて解説していきます。

ピンインは1つの漢字に1つ

日本語の漢字には、訓読みや音読みを含めていろいろな読み方がありますよね。

一方で、中国語として使われている漢字には、基本的に1つの漢字につき1つの読み方(ピンイン)しかありません。

ただし、例外もあり。

極めて少ないですが、1つの漢字に複数の読み方があるものも存在します。

その漢字のことを、中国語で「多音字(duō yīn zì)」と言います。

例えば、「」という漢字には「zhāo・zháo・zhe・ zhuó」の4つの読み方があります。

zhāo・zháo・zhe・ zhuó

中国語を学習して行く過程で必ず出てきますので、数少ない例外として覚えましょう。

声調が重要!

声調とは、中国語の漢字の抑揚(リズム)、もしくはその「リズムを表す記号」のことです。

英語で言うアクセントやイントネーションに当たります。

中国語の声調には、次の4つがあります。

①:第一声調 ( mā )
②:第二声調 ( má )
③:第三声調 ( mǎ )
④:第四声調 ( mà )

加えて、「軽声」という声調のないピンインだけの音もあります。

声調をしっかり覚えて使い分けるのは、とっても重要です。

同じピンインでも声調が異なれば漢字や意味が変わるため、間違った声調で発音すると意味が通じなくなってしまうからです。

それでは、それぞれの声調の発音のしかたを見ていきましょう!

ここでは、「ma」というピンインを使ってそれぞれの声調の違いを解説します。
(発音は日本語の「ま」とほぼ同じです)

第一声調:mā

通常速度バージョン
ゆっくりバージョン

気持ち高めの音で、まっすぐに伸ばします。

第ニ声調 :má

通常速度バージョン
ゆっくりバージョン

中ぐらいの高さから始めて、一気に高くしてきます。

イメージとしては、相手にイラっとしたときの「はあ?」や驚いたときの「えぇ?」です。

第三声 :mǎ

通常速度バージョン
ゆっくりバージョン

中間からやや低めの音から、さらに下げて、尻上がりに軽く音を上げます。

ため息をつくときの「は〜ぁ・・・」に近い音です。

後ろに他の音が続く場合はグッと低い音だけ出す「半三声」となり、最後の音は上げません。

文章中では、半三声になることがほとんどです。

通常速度バージョン
ゆっくりバージョン

例:「马云 Mǎ Yún (ジャック・マー)」

第四声 :mà

通常速度バージョン
ゆっくりバージョン

高い音から入って、一気に下げていきます。

ちなみに、「ma」の4つの声調だけで意味の通る中国語の文章を作ることができるんですよ。

妈妈(māma)骂(mà)马(mǎ)吗(ma)?」(母は馬を叱りましたか?)

ピンインは400通りある

中国語は、子音と母音を組み合わせることで1つの音を作ります。

ピンインを構成する音の数は、母音が36種類、子音が21種類。

全ての母音と子音を組み合わせられるわけではないため、実際のピンインの種類は約400通りとなります。
(注:正確には369種類です)

「400通り」とだけ聞くと、なんだか先が思いやられそうですよね。

でも、安心してください。

日本語にない発音もありますが、ローマ字読みする発音の方が多く約7割を占めます。

なので、

  • 組合せのルール
  • 子音と母音それぞれの発音のコツ
  • 声調(四声)の発音のコツ

を最初にしっかりつかめば、後の学習がかなりスムーズになります。

単語を覚えていく過程で自然とピンインも覚えられますので、400と言う数字にひるむ必要はありませんよ。

下記に、母音と子音の一覧を載せます。

中国語の母音

a、o、e、er、ai、ei、ao、ou、an、en、ang、eng、ong、i、ia、ie、iao、iou(-iu)、ian、in、iang、ing、iong、u、ua、uo、uai、uei(-ui)、uan、uen(-un)、uang、ueng、ü、üe、üan、ün

中国語の子音

b、p、m、f、d、t、n、l、g、k、h、j、q、x、zh、ch、sh、r、z、c、s

ピンイン表記5つのルール

ピンインの表記方法にはいくつかルールがあります。ここでは、次の5つのルールをご紹介します。

■ピンイン表記5つのルール

ルール①:文の始めは大文字で書く
ルール②:声調記号は主母音に振る
ルール③:発音を区切るアポストロフィーを入れる
ルール④:4音節以上ではスペースを入れる
ルール⑤:母音のピンイン表記が変化する

1つずつ説明していきます。

ルール①:文の始めは大文字で書く

ピンインは、文章の始めを大文字にします。英語と同じですね。

そして、人の名前や地名などの固有名詞も大文字にします。

例:
Wǒ shì Rìběnrén
我是日本人。(私は日本人です)

漢字を書くことに気を取られて、ピンインを全て小文字にしてしまうことがよくあります。

文の始めと固有名詞は大文字ということを覚えておきましょう。

ルール②:声調記号は主母音に振る

声調記号は、1つの母音であれば母音の上に振ります。母音が「i」の場合は、ピンインを振るときにiの点「・」を取ります。

複数の母音が重なる「複数母音」の場合は、主母音の上に声調を振ります。

主母音とは「a・e・o」です。これらの母音に優先的に声調記号が振られます。

上記の主母音が入っていない「iu / ui」の場合は、後ろの母音に声調記号が振られます。

例:

①猫(māo)
=「ao」の複数母音。「a」があるので声調は「a」の上

②多(duō)
=「uo」の複数母音。「a」がないので声調は「o」の上

③水(shuǐ)
=「u(e)i」の複数母音。「ui」なので声調は「i」の上

ルール③:発音を区切るアポストロフィーを入れる

アポストロフィーの入ったピンインを目にすることがあります。

アポストロフィーとは、英語の省略で使う「」のことで「I am→Im」などで使用しますよね。

中国語では、主母音「a・e・o」で始まる音節が他の音節の後にくる際にアポストロフィーを付けます。

例えば、「西安  (音節①) ‘ān (音節②)」などですね。

アポストロフィーを使用するのは、ピンインの区切りを明確にするため。

アポストロフィーがないと「xian」という1つの音のように発音してしまいがちですが、アポストロフィーがあることで「xi」と「an」の2つの発音に分かれていることがわかります。

ルール④:4音節以上でスペースを入れる

ピンインで1つの単語を表す際、4音節以上になる単語にはスペースを入れます。

2音節や3音節までは、スペースを入れる必要はありません。

下記がその例です。

【2音節】你好(nǐhǎo)

【3音節】普通话(pǔtōnghuà)

【4音節】交通工具(jiāotōng gōngjù)

ルール⑤:母音のピンイン表記が変化する

ピンインには、発音が変わらなくても表記が変わるパターンがあります。

3つのパターンを見てきましょう。

■母音「i・u・ü」の変化

母音「i、u、ü」は、子音と組み合わせて使う場合はそのままの表記ですが、単独で使う場合は表記が変化します。

  • i→yi (例:一 yī )
  • u→wu(例:五 wǔ)
  • ü→yu(例:鱼 yú)

「j、q、x」の後ろが「ü」の場合の変化

発音は変えずに、表記だけを「u」にします。

  • jü→ju(例:橘子 júzi)
  • qü→qu(例:去 qù)
  • xü→xu(例:需要 xūyào)

「子音+iou・uei・uen」の変化

「iou、uei、uen」の前に子音が付くと、「e、o」の表記が無くなります。

  • jiou→jiu(例:酒 jiǔ)
  • shuei→shui(例:水 shuǐ)
  • kuen→kun(例:困 kùn)

ピンインの覚え方5つのステップ

ピンインを覚えるための5つのステップはこちらです。

その①:論理的に理解する
その②:単語と一緒にピンインを書く
その③:大げさに口を動かして発音練習する
その④:聞こえた音をピンインで書く
その⑤:苦手な発音を集中的に練習する

その①:論理的に理解する

まずは、ピンインの基礎知識やルール、発音方法を頭で理解しましょう。

先に頭で理解することで、ピンインを覚える練習や発音する練習がスムーズになりますよ。

先にお話ししたように、ピンインの表記方法や発音方法にはルールがあります。

幼少期のころは、耳から音をインプットすることでピンインの発音を自然と覚えられます。

しかし、大人になってからは耳に馴染みのない音を聞き分けることが難しくなってしまいます。

後ほどピンインの発音方法を解説している参考書や動画を紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

その②:単語と一緒にピンインを書く

単語を書いて覚える際に、ピンインも書きましょう。

書きながら、理解した発音方法で発音するようにしてみてください。

  • 手で書く
  • 発音する
  • 発音を聞

の3つを行うことで「手・目・口・耳」からインプットできるので、ピンインをより効果的に覚えられるでしょう。

その③:大袈裟に発音練習する

中国語の発音には、日本語にはない特有の口や舌の動かし方があります。

最初は、頭で理解したことを意識しながらゆっくりと大袈裟に発音して口の筋肉に形を覚えさせ、徐々にスムーズに発音できうように練習を重ねましょう。

ですが、自分で意識するだけではできているかどうかを自覚することはできませんよね。

そこで、鏡などを利用して口と舌の動きを確認しながら発音練習してみてください。

動画や参考書に書かれていることやイラストを確認しながら行ってみましょう。

客観的に判断するためにネイティブの先生や友達などに見てもらうのもいいですね!

その④:聞こえた音をピンインで書く

リスニングで聞こえた音をピンインで書く練習もしましょう。

この練習の目的は、ピンインを区別する力を養うこと。

中国語のピンインには、日本人には区別しにくい音がいくつかあります。

ピンインを明確に区別するには「音からピンインを割り出して聞き分けられる」必要があります。

具体的な練習方法としては、単語や文章を聞いてピンインを書き出すのがおすすめ。

聞き間違いがなくなるまで、繰り返し行いましょう。

ピンインの勉強におすすめの教材

ピンインの勉強におすすめの教材は、次の4つです。

■ピンインの勉強におすすめの教材4つ

  • フルーエント中国語学院動画
  • 李姉妹チャンネル
  • 中国語発音マスター
  • HSK1級公式テキスト

フルーエント中国語学院動画

フルーエント中国語学院は、国内でも指折りの規模を誇る中国語学習スクールです。

そのフルーエント中国語学院の発音練習動画をYouTubeで見ることができます。

日本人にもわかりやすく、講義形式の短い動画でピンインの発音を網羅的に学ぶことができますよ。

李姉妹チャンネル

中国国籍の李姉妹(り しまい)が運営するYoutubeチャンネルです。

中国語の発音や文法などを丁寧に解説してくれます。フランクな雰囲気で解説してくれるため、楽しみながら学習できるはずですよ。

こちらは、ピンインの母音の発音方法の動画です。他にも子音や、声調についての解説動画もありますよ。

日本人のための中国語発音教本

引用:Amazon

Amazonでの評価が4.6/5ととても高い、中国語発音に特化した参考書です。

この本の特徴は、主に3つ。

■日本人のための中国語発音教本の特徴

  • 写真やイラストがたくさん使われていて視覚的に発音を学べる
  • 発音解説動画もついているので音でも確認できる
  • 発音練習時に出る疑問にも答えている
引用:Amazon

動画よりも本で発音を勉強したい方には、この1冊をおすすめします。

まとめ:中国語のピンインを理解できたら繰り返し練習するのみ!

今回は、中国語のピンインについてお話しました。

中国語の発音は難しいと言われており、発音のために学習を挫折してしまう人も少なくありません。

実際中国語の発音は難しいのですが、学習の初期段階で集中してトレーニングすることで後の学習がぐっとスムーズになります。

より中国語の発音を強化していきたい方は、中国語教室や中国語コーチングでプロに教わることも1つの手かもしれませんね。

>>【選び方も解説】初心者におすすめの中国語教室まとめ

>>【2021】中国語コーチングスクール7社徹底比較【本気で学びたい人必見】

ピンインを覚えて、中国語学習を一緒に楽しんでいきましょう!

「独学だとモチベーションが続かない」「学習を続けられない自分が嫌になる」
こんなお悩みはありませんか?社会人が語学学習を挫折する1番多い原因は“学習が続かない“ことです。

Ciiitzは、心理学におけるコーチング手法と第二言語習得論を活用して
「中国語を学び続け、“その先の自分“を見つける」3ヶ月間を提供します。


\ 30秒で入力完了! /

・忙しい社会人でも継続率95%
・月額132,000円〜
・中国語学習経験豊富な日本人コーチ在籍

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

参考になったら記事をシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる