MENU

中国語コーチングCiiitz公式サイトへ

【徹底レビュー】ロゼッタストーン中国語の効果やメリデメを中国語コーチが解説

中国語の勉強にロゼッタストーンを購入しようか悩むなぁ・・・。
中国語学習のアプリなら無料のDuolingoもあるけど、違いはなんだろう?

こんなお悩みにお応えする記事です。

■この記事の内容

  • 中国語学習ソフト「ロゼッタストーン」とは?
  • ロゼッタストーン中国語の特徴
  • ロゼッタストーンが向いている人と向かない人
  • 標準語以外も学べる?

ロゼッタストーンを使うと、これまでの参考書や学習アプリとは異なるアプローチで中国語を学ぶことができます。

コーチが実際に使ってみた感想をふまえて、中国語の学習にロゼッタストーンを使おうか悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

目次

ロゼッタストーンとは?

画像:ロゼッタストーン公式サイト

ロゼッタストーンは、株式会社ソースネクストが運営する語学学習プログラムです。

2021年時点で全24言語の学習が可能で、アプリやブラウザ版を使ってどこでも語学学習をすることができます。

翻訳機「POCKETALK(ポケトーク)」を開発した会社であることで有名です。

ロゼッタストーン中国語

ロゼッタストーンで学べる24言語のうちの1つが「中国語(マンダリン)」です。

1〜5のレベルに分けられたカリキュラムで、各レベルで語彙・発音・文法・会話をバランスよく学習できるように設計されています。

カリキュラム例:

引用:ロゼッタストーン公式サイト

価格

ロゼッタストーン中国語の標準価格は5,478円(税込)です。タイミングよくキャンペーンやセール中に購入すれば、半額程度の料金で購入することもできます。

  • パソコン(Windows/Mac)
  • タブレット
  • スマホ(iOS/Android)

での使用が可能なので、複数のデバイスを持ち歩く人はそれぞれにダウンロードしておくと本当に「いつでも、ちょっとした時間に」学習ができます。

対応OS:
Android
iOS
macOS Big Sur(v11.0)
macOS Catalina(v10.15)
macOS Mojave(v10.14)
macOS High Sierra(v10.13)
Windows® 10 (32ビット/64ビット版)
Windows® 8.1(32ビット/64ビット版)

メモリ容量: 1GB以上 (64ビット版の場合は2GB以上)

CPU: 1GHz以上

ハードディスク空き容量: 1GB以上

引用:ロゼッタストーン公式サイトソースネクスト公式サイト

私はロゼッタストーンの使用目的を「手軽ですぐできること」にしたので、iPhoneに入れて使っていました。ブラウザ版のインストールには容量がかなり必要でセットアップも少し複雑そうだったため、アプリのみ使用しました。

コースは現在初・中級編のみ

現在ロゼッタストーンで学べる中国語のコースは「初・中級編」の1つだけで、HSK3級相当のレベルまでの学習ができるイメージです。

英語のコースには上級編があるので、これから中国語の上級編が出てくる可能性も十分にありますね。

ロゼッタストーンの特徴

ロゼッタストーンの主な特徴として以下の3つが挙げられます。

■ロゼッタストーンの特徴

  • 音とビジュアルで記憶する「ダイナミックイマージョン」
  • コミュニケーションに必要な技能のバランスが取れた学習
  • 日本語を介さない「日本語禁止環境」

1つずつ詳しくお話ししていきますね。

①:ダイナミックイマージョン

かっこいい名前がついていますが、ダイナミックイマージョンは「音⇆イメージ」で記憶するというロゼッタストーン独自の学習メソッドです。

画像:ロゼッタストーン公式サイト

この方法で学習すると「インプットした中国語を瞬時に理解する力」を鍛えることが期待できます。

あなたは中国語の単語やフレーズを覚える時、どのようにして覚えていますか?

初心者であればあるほど、おそらく多くの人が「中国語→日本語」の和訳方式で覚えていると思います。

母語の知識を使って中国語から日本語に訳して単語やフレーズを覚えるのは悪いことではないのですが、「中国語を聞いたり見たりして瞬発的に理解する」ためにはあまり効果的ではありません。

最終的には「中国語→日本語」ではなく「中国語→(日本語)→イメージ」の順番で理解できることが望ましいです。

そのため、学習の初期段階から音とイメージを結びつけることができるダイナミックイマージョンは中国語を理解するスピードを上げるために効果的な学習方法だと言えます。

初期の設定だとピンインのみになっていますが、「漢字&ピンイン・漢字のみ・ピンインのみ」の3つの表記方法を選択できますよ。

②:バランスが取れた学習

ロゼッタストーンでの学習は、

その言語での「読む、聞く、発音する」を徹底練習

引用:ロゼッタストーン公式サイト

をもとに設計されています。

画像:ロゼッタストーン公式サイト

「単語→フレーズ→文章→会話」の順番で

  • 文字を見て
  • 音を聞いて
  • 自分で発音する

ことで、リスニング・リーディング・スピーキングをバランスよく練習していくことができます。

ここでは「スピーキング力」と「会話力」を分けて考えています。会話力の向上には、単純なスピーキング能力のほかに「文章を単純化する力」や「言い換える力」など様々な要素が絡み、相手も必要です。ロゼッタストーンだけで会話力を上げるのは難しいと感じました。

③:日本語使用の禁止

日本語を禁止して目標言語だけを使用して学習するというのが、ロゼッタストーンの一番大きな特徴なのではないでしょうか。

通常の参考書やアプリであれば、基本的に母語(日本語)を介して学習を進めるのが一般的かと思います。

中国語(会話)でコミュニケーションを取るとなったときに、「聞いた中国語を日本語に訳して・・・」「この日本語は中国語でなんて言うんだっけ・・・」と考える時間はありません。

中国語のレッスンや言語交換などの環境であれば話は別ですが、現実的なコミュニケーションでは「相手の中国語を聞く→中国語で返す」ことが必要です。

ロゼッタストーンで学習することで、”伝えたいメッセージをその言語のまま話す”力をつけることができるでしょう。

とはいえ、母語知識が完全に完成している大人が外国語を1から学ぶとき、母語(日本語)を活用した方が理解は早いと思います。実際に使ってみて、発音や文法のルールの説明がなく「習うより慣れろ」の学習方法だなぁと感じました。

無料アプリDuolingoとの違いは?

語学学習アプリでは「Duolingo(デュオリンゴ)」が有名どころの1つです。

そこで、ロゼッタストーンとDuolingoの比較を簡単にまとめてみました。

■ロゼッタストーンとDuolingoの比較

ロゼッタストーンDuolingo
価格有料(5,478円)無料
できること・単語/発音
・リスニング
・リーディング
・スピーキング*
・単語/発音
・リスニング
・リーディング
・(ライティング:並べ替え)
学習の進み方シーンの想定ゲーム感覚
日本語訳なしあり
文法・発音の説明なしなし
*スピーキング:会話能力とは分けて考えています

どちらのアプリも実際に使ってみましたが、個人的には最終的には「好みの問題」で決まるかなぁと思います。

より気軽に楽しむイメージで使いたい場合はDuolingoを、アプリではあるけど本格的な学習を求める場合はロゼッタストーンがおすすめです。

ただし、後述しますが、どちらにしてもアプリだけの学習はおすすめできません。大人が1から中国語を学ぶ場合、基本である発音や文法の説明は「習うより慣れる」ではなく「慣れるより習う」の方が早いと感じるからです。

ロゼッタストーン中国語に向く人・向かない人

ここまでロゼッタストーン中国語について紹介してきましたが、ロゼッタストーンでの学習が向く人と向かない人は以下のような感じです。

■ロゼッタストーン中国語に向く人

  • すでに発音や文法の知識がある人
  • 中国語を習った経験がありやり直しで学習したい人

■ロゼッタストーン中国語に向かない人

  • まったくの初学者の人

「大学の第二外国語で中国語を専攻していた」「発音や文法の基礎知識がある」という人は、ロゼッタストーンで練習問題を解いていくことによって学習の効果が得られると思います。

反対に、まったくの初学者の人がロゼッタストーンで中国語を学ぼうとすると発音のルールや文法構造に自力で気づかなければいけないため、学習に時間がかかる気がします。

とはいえ、最初から日本語を使いたいか使いたくないかは個人の好みにもよるので、初学者全員に向かないとも言い切れません。

参考書やYoutubeと併用するのがおすすめ

ロゼッタストーンを使う際は、参考書やYoutubeを併用して学習するのがおすすめです。

先にもお伝えした通り、アプリだけでは中国語の様々なルールを理解するのに時間がかかるからですね。

なので、入門〜初級レベルの参考書やYoutubeの中国語レッスン動画などを活用して発音や文法のルールを日本語で理解した後に、理解を深める意味でロゼッタストーンを使うのが良いと思います。

ロゼッタストーンは1つのユニットだけでもかなりの学習量であることは間違いないので、「大量のインプット(聞く・読む)やアウトプット(話す)をする」という目的で使うのにはおすすめです。

【関連記事】【文法】中国語の基本語順はこの1記事でマスター!おすすめの本も紹介

標準語以外は学べる?

最近では、標準語以外にも広東語などを学ぶ人が増えました。

残念ながら現在ロゼッタストーンでは標準語しか学べません。広東語を学びたいという方は、ロゼッタストーンではなく広東語に特化している教材やレッスンなどを利用して学ぶのが良いです。

ただ、これから広東語や他の地域の中国語の需要が高まって広東語バージョンが発売される可能性は大いにあるので、気になる方は最新の情報を公式サイトで確認することをおすすめします。

まとめ:

今回は、言語学習プログラムのロゼッタストーンについてお話ししました。

最後に記事のポイントをまとめます。

■ロゼッタストーン基本情報

価格5,478円(税込)
対応言語24ヶ国語
コース中国語(マンダリン)初・中級コース
デバイスブラウザ(Mac/Windows)・タブレット・アプリ(iOS/Android)

■ロゼッタストーンの特徴

  • 音とビジュアルで記憶する「ダイナミックイマージョン」
  • コミュニケーションに必要な技能のバランスが取れた学習
  • 日本語を介さない「日本語禁止環境」

中国語学習のメイン教材として使うことはおすすめできませんが、学習の補佐として大量のインプットやアウトプットをする目的で使うのには効果的だと思います。

気になる方は、ぜひ公式サイトで詳細をチェックしてみてくださいね。

>>ロゼッタストーン公式サイト

「独学だとモチベーションが続かない」「学習を続けられない自分が嫌になる」
こんなお悩みはありませんか?社会人が語学学習を挫折する1番多い原因は“学習が続かない“ことです。

Ciiitzは、心理学におけるコーチング手法と第二言語習得論を活用して
「中国語を学び続け、“その先の自分“を見つける」3ヶ月間を提供します。


\ 30秒で入力完了! /

・忙しい社会人でも継続率95%
・月額132,000円〜
・中国語学習経験豊富な日本人コーチ在籍

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

参考になったら記事をシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる