MENU

中国語コーチングCiiitz公式サイトへ

コーチングで中国語の学習がうまくいくたった1つの理由


\カンタン30秒!まずはプロに相談/

中国語の勉強が続かない…
頑張りたいのに、モチベーションがわかなくてスマホをいじっちゃう…

この記事では、中国語を学習しているけど何だかうまくいかない方に向けて「コーチングで中国語がうまくいくたった1つの理由」をお伝えします。

キーワードは「自分」。

今、中国語を学習している方に少しでも役立つ記事となったら嬉しいです。

目次

中国語レッスンだけでは中国語が身につかない3つの理由

中国語レッスン

独学に悩む方が思いつく解決策といえば「教室に通うこと」や「レッスンを受けること」ではないでしょうか?

残念ながら、教室に通ったりレッスンを受けたりするだけでは、長期的に見て中国語は伸びません。

その理由は3つです。

①:受け身の姿勢が変わらない

先生からただ答えを教えてもらうだけだと「自分で考える」ということをしなくなります。

分からないことがあれば先生に聞けばいい、正しい勉強法を教えてもらい、アドバイス通りにやればいい。

このような思考になると、いざその先生がいなくなって別の壁にぶつかったとき「どうしよう…?答えを教えてくれる人がいない…」と困惑してしまいます。

中国語レッスン

②:多くのお金だけ払うことになる

自分で考えなくなると、「分からない部分がクリアになるまで教室に通い続ける=お金を払い続ける」ことになります。

中国語に直接関係することはもちろん、勉強方法や時間の使い方など、語学学習は「分からないこと / 悩みがある→ 分かる / 克服する」の繰り返しです。

どこかのタイミングで自分で考えることをし始めないと、お金だけがなくなっていくことも十分にあり得ます。

中国語レッスン

③:語学学習にもっとも重要な自習をしなくなる

レッスンに参加することが目的になり、レッスン以外の時間に学習しないのでは中国語は伸びません。

少しずつ伸びを感じ始めたとしても、それは多くのお金を費やした後になってしまうのではないでしょうか。

中国語に限らず、語学学習は「楽しいけれど、長くて時には複雑な道のり」。

なので、レッスンを受けていても絶対的に「自習の時間」が必要になります。

中国語レッスン

コーチングで中国語学習がうまくいくのは「自分で考える力」が付くから

では、なぜコーチングで中国語学習がうまくいくのか?それは「自分で考える力がつくから」ということができます。

小学館デジタル大辞泉の言葉を引用すると、コーチングは

自分で考えて行動する能力を、コーチと呼ばれる相談役との対話の中から引き出す自己改善技術

小学館デジタル大辞泉

と紹介されています。
*未だ一般化された定義が定着していないため、コーチングの定義は様々です

語学学習をする上で、悩みは本当に尽きません。

「この文法の使い方が分からない」「リスニングが聞き取れない」など、中国語に直接関係する悩みはもちろん


「仕事から帰ってくると疲れて学習できない」「なぜか10月はやる気がでない」など間接的な悩みまで、悩まずに学習を継続できる人はほとんどいません。

感情の変化
引用:The 12 Week Year, by Brian P. Moran

人が何かを通して変化しようとするとき、このグラフのような「感情の変化」を通るとされています。

こんな時に必要なのは何でしょうか?

Ciiitzは「コーチと対話して自分なりの正解を見つけ、行動してみる」ことだと考えます。

自分一人だと解決しきれないことをコーチに相談し、対話をしながら自分なりの正解 (解決策) を見つける。

解決策を実際に試してみて、良かったか悪かったかを自分で判断し、修正を重ねていく。

これが学習を続ける上でもっとも根源にあり、大切なことです。

中国語コーチ
コーチは正解を教えるる代わりに「質問」をして学習者なりの正解を一緒に探します

コーチは、あなたが
「自分で考えて行動し続けられる」、つまり「中国語の学習を続けられる」状態に導いてくれる存在です。

たとえコーチがいないとしても。

\ 簡単30秒で入力完了!/

中国語学習におけるコンサルタントとコーチの違いを比べる

コーチとコンサルタントの違い

中国語学習におけるコンサルタントとコーチの大きな違いの1つ、それは「解決策を与えるかどうか」にあります。

1つの例を出して比べてみましょう。

コンサルタントの場合

学習者:単語がなかなか覚えられません。2日前に習ったはずの単語をもう忘れてたりするんですよね…

コンサルタント:夜寝る前に暗記して翌日復習しましょう。それから例文と一緒に覚えてみてください。

上の会話からわかるように「〜ましょう」や「〜てみてください」など解決策を直接示して、受講生の悩みを解決するための最善の提案をするのがコンサルタントです。

学習者は信頼できるコンサルタントから「これをすればいいんだ」という正解をもらえるので、安心感があると思います。

ただし、自分で考えることをしない限り受け身の姿勢は変わりません。

コーチの場合

学習者:単語がなかなか覚えられません。2日前に習ったはずの単語をもう忘れてたりするんですよね…

コーチ:私の場合は、自分が使いそうな例文に変えると覚えやすいです。あとは、どこかのタイミングで反復することは必要だと思います。どんな解決策が思い浮かびますか?

コーチの場合は、研究結果や自身の経験、他の学習者の経験などから「〜するのはどうですか?」「どんな風にしましょうか?」というふうに学習者に判断をゆだねます。

学習者は自分で考えて解決策を選ぶ必要があるので、最初のうちは慣れないかもしれません。

ですが、自分で考えて行動し解決する力は、コーチング期間を終えて独学に戻った時に必ず役立ちます。

コンサルタントとコーチ、どちらにも良い悪いはありません。

ですが、長く中国語学習を続けることを考えると、コーチングで得られる「自分で考え正解を見つけられる力」は大きな助けになってくれるのではないでしょうか。

コーチングでは実践面のカバーが難しい

中国語の学習

コーチングは中国語の学習に必ず役立ちます。ですが、コーチングを受けるだけでも中国語は伸びにくいというのが正直なところです。

それは、コーチングでは実践面をカバーすることが難しいから。

コーチングは、学習に取り組む姿勢や分からないことの調べ方などを学ぶには効果的ですが、学んだことを実践する場としては中国語の会話レッスンや中国語話者との会話などがより有効です。

言語は使わないと伸びません。

「自分で正解を見つける力」を自習時間に活用し、その成果をアウトプットの場で定着させる。

コーチングと実践の場をうまく合わせた学習スタイルを身につけることができれば、中国語力は必ず上がります。

中国語会話の練習ができるサービス
  • CCレッスン:ネイティブの先生が多数在籍しており、料金もかなり良心的
  • itakli:インスタントレッスン機能を使うと、スケジュールが空いている講師をすぐに予約できる
  • Ba bao:中国語で会話できるほか、同じ目標をもった仲間と出会えるコミュニティ

コーチはあなた自身の行動で理想の未来に近づくためのサポートをする存在

中国語コーチ

この記事では、コーチングで中国語学習がうまくたった1つの理由についてお話ししてきました。

コーチングで中国語学習がうまくいく理由、それは「自分で考える力」を得られるからです。

”あなた”にとっての学習の正解は、他の誰でもなくあなたにしかわかりません。

コーチは、学習者1人ひとりと向き合いながらあなたがあなた自身の行動で理想の未来に近づけるように、新たな視点や気づきを与えてくれます。

今まで独学で学習してきたけど、何だかうまくいっていない気がする。


中国語教室に通い続けているけど思ったような成果が出ていないような気がする。

そう感じている方は、ぜひコーチングで中国語学習することを選択肢に入れてみてくださいね。

継続率95% | 入会金0円
カンタン30秒!まずはプロに相談 /

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる